11月の活動まとめ―LINEスタンプの販売と中止、学生へのエイズ啓発

11月の活動まとめ―LINEスタンプの販売と中止、学生へのエイズ啓発

どもです。11月も今日で終わり。第3号報告書の提出も迫り、1月には中間報告が待っています。波乱の11月をまとめてみたいと思います。

LINEスタンプの販売と中止

事の顛末は過去記事にも書いています。簡単にまとめるとLINEスタンプの販売を始めて、おお、案外売れてる!なんて思ってたらプレジデントを含むボードメンバーからNGが出て販売から一週間もたたずに販売中止になったという感じ。

「CPの許可≠財団の許可」ってことが分かった事件でしたね。

ただ、良かった点もあります

1.僕自身が財団内の力関係や今後の立ち振る舞いについて把握できた。
2.初めに狙っていた効果のいくつかが見られた。
・財団の看護師スタッフが病院の看護師スタッフにスタンプを宣伝しまくっていた→タイ人の力を借りた宣伝、自分たちのスタンプへの愛着
・スタンプについての電話問い合わせが1本来た→財団の関係者及びその知人以外への広範な宣伝効果

問い合わせの電話が来て事務スタッフが電話を切った後に「でももうすぐ販売できるんだよね」って言ってくれたのはちょっと嬉しかったですね。一緒に活動している人たちが販売中止を残念に思ってくれたのに救われました。

とにかく物言いがドストレートなプレジデントとは何度も電話やメールのやり取りを繰り返して、その度に心が折れそうでしたが、とりあえず折れることなく動けています。なんとか。

 

 

 

PMAC準備

PMACも揉めましたね。僕を参加させるのかどうなのかで。笑

結局僕は参加できるみたいです。出るからにはきちんと準備してプレジデントにも後悔させないようにしたいですね。

学生へのエイズ啓発

今日、2017年11月30日の話ですね。以前からお世話になっているチェンライテクニカルカレッジの先生の学生と、外国人交流クラブの学生にエイズの啓発活動をしました。

もともとは前のように日本のことについて話す予定だったのですが、せっかく明日12月1日が世界エイズデーなのだからエイズの話をしようと思い立ち啓発もすることに。

これは迷ったんですよね。結核ならまだしも普段あまり扱っていないエイズをタイ語で口頭で説明するのは無理だろーと。

でも世界エイズデーの前日である今日あるのと、またいつかやるのとではインパクトが違うだろうと踏んで今日やることに。

ドラえもんのうたを歌いたいという希望が前あったので、それ+エイズの啓発にしました。ちぐはぐだけどいっか。

以前マイ先生にはエイズ関連の用語も教わっていたので助かりました。ただ僕がずっと口頭で説明するのは無理なので、広く深い知識よりも今回はまず学生が自分を守るための最低限の知識に絞って○×クイズを作りました。

1.HIVはキスで感染する
2.HIVは蚊に刺されると感染する
3.HIVは性交渉で感染する
4.ほかの性感染症になっているとHIVに感染しやすい
5.一度エイズになると一生完治しない
6.HIVが体に入るとすぐにエイズを発症する
7.HIVは母子感染する

こんな感じ。グループに分かれてもらって話し合って答えを出してもらい、できたら僕が見に行って間違っていたところを解説するような流れでやりました。分かんなかったらスマホで調べても良いよって言ってQRコードを載せました。ここには詳しいエイズの話がタイ語で書いてあります。

 

結構みんな熱心にやってくれる。やっぱゲームっぽくする方が良いよね。特に男子だらけの学校ですしね。

あとは問題数が少なかったのも生徒にとっては良かったようです。タイのこの手の問題はやたら数が多いそうで、取り組む気がうせてしまうからこれくらいがいいと女子生徒が言っていたとのことでした。

キャベッジ&コンドームズで撮った写真も役立ちました。

結果としては今日やって正解でした。

先生が最後帰るときに「学生も今日学んだことをシェアしていて、明日世界エイズデーなんだってーと話していたよ」と言ってくれたので…よかった!やっぱタイミングって大事よな。

新しい校長先生にもご挨拶をしました。ノイ先生が「学生たちにこうやって知識をシェアしてほしい!」とめちゃめちゃ熱心に校長先生にお話してくれたおかげで、校長先生は僕が今後も学生に啓発をするのを肯定的に受け止めてくれた上に、アドバイスもくださいました。よっしゃよっしゃー!

そしてこれまたボツになりかけてたポスターコンテストも、ノイ先生が少し予算面で協力してくれるかもしれないということになりました!やったぜい。話を詰めていこう。

まとめ

僕は「準備しなければチャンスはピンチ、でも準備していればピンチはチャンス」という言葉が好きです。ピンチをチャンスに変えるためにも、できるときに何か準備しておくのは協力隊生活でも大事なことなんだろうなーと改めて認識した一ヵ月でした。活動外ですが、旅行に行けたのも良かったかな。

まじで帰りたい!というか帰れなくてもいいけどここにいたくない!と思った日もあったのですが、11月最後の日が良い日になってホントに良かった。いろんな活路が見えた気がします。

…と、ここでまた気を抜いたらろくでもないことになりそうなので、気を引き締めて12月もやっていきましょう。