無印の開きやすいノートは、フラットに開くノートに生まれ変わっていた

どもです。以前、僕が大好きな無印の開きやすいノートである無印良品の開きやすいノートが廃盤になってしまった…という記事を書きました。

過去記事:無印の開きやすいノートが本当に廃番らしくて悲しみを隠せないけど後継を考える。

僕はこの開きやすいノートをめちゃくちゃ気に入っていたんですね。だから本当にショックだったのです。

過去記事:無印の開きやすいノートが2016年2月時点で僕史上最強のノートです。

 

が!やっぱりちゃんと復活してくれました。今回は生まれ変わったフラットに開くノートのレビューです。

 

開きやすいノートとフラットに開くノート比較

開きやすいノートからの主な変更点をまとめてみます。

サイズが3種類展開に

「フラットに開くノート」という名前のノートはA6、A5、B6の3種類が出ています。

それぞれ全て80枚で、横罫縦ドット版(グレーの表紙)と横罫のみ(黒の表紙)があります。

それに加えてスリム版があり、こちらはフラットに開くノートという名前ではないものの、同じもののページ数が半分になったものです。持ち運びに良さそう。

 

 

ドットがなくなり、縦罫線なしタイプが登場

以前はドットタイプと横罫縦ドットの2種類だったものが横罫と横罫縦ドットの2種類になりました。

ドットは廃盤ということですね。

 

枚数が96枚から80枚に減少

また、ページ数も96枚から80枚になっています。

以前コメントをくださった方は96枚を3ヶ月丁度で回していたので困っているのだとか。そういう使い方があったんだ!と感動してしまいました。

この方にとっては残念ですよね。僕も80枚よりは96枚のほうが好きなので、できれば戻って欲しいかなぁ。薄いのも悪くはないけど。

 

角が丸くなった

今回から角が丸くなっています。比較するとわかりやすいかも。

 

優しい作りになりました。

 

表紙が固くなった

これはほとんど差がないレベルです。ずっと使ってた人ならわかるかも。

 

所感

今回も、廃盤と見せかけての復活だったので一安心しました。

僕は縦線を引くことが多いので、横罫縦ドットは本当に重宝しています

なんだかんだで最強のノートの地位は、この記事(無印の開きやすいノートが2016年2月時点で僕史上最強のノートです。)から3年近く経った今も変わっていません。

上質紙の割にはかなりリーズナブルな値段のノートなので、手頃な価格で少し良いノートが欲しい方には本当におすすめです。

 

おわり。

こちらもどうぞ→前田裕二さんの『メモの魔力』レビュー:アイディアを磨き、周囲を巻き込む燃料に変える魔法

 

最新情報をチェックしよう!
広告